-楽しいカーライフを実現させる車系WEBマガジン

使い分けでいつも綺麗な愛車に!カーワックスの種類

車の美観維持と塗装保護に欠かせないのが、カーワックスですね。

でも、いろいろな製品やタイプがるのでどれを使えばいいのか、という悩みを持つ方も多くいます。

ここでは、カーワックスのタイプごとに、特徴をあげていき、自分にあったものを選びやすいように解説をします。

カーワックスのタイプはいくつあるのか

市販されている製品をならべると、とても数え切れないぐらいあります。

そこで、製品ごとにではなく、タイプ別にカーワックスを分けていくことにします。 カーワックスのタイプは、基本的に3タイプに分けることができます。

液体ワックス・半練ワックス・固型ワックスの3タイプです。 それぞれに作業性や耐久性の特徴があります。

特徴を理解して使えば、それなりの性能を発揮してくれます。

楽に使える液体ワックスの特徴

作業性が一番楽なタイプのカーワックスです。製品数も多くあり、艶出し保護成分も固型ワックスと同じ「カルナバ蝋」を使ったものや、化学合成タイプを使ったものまで、幅広くあります。

カルナバ蝋を使っている製品は、固型や半練に比べて含有量が低くなっています。

超微粒子研磨剤を含んでいて、簡単な汚れ落とし効果のある製品も多くあり、ワックスというよりも汚れ落とし、水垢落としとして使う人もいます。

ただし「淡色用」となっている場合、研磨剤の粒子がやや大きくなるので、濃色には使えません。 一般的な評価としては、作業性が高く耐久性が低いとされています。

一回の作業時間をあまり取れないが、作業回数が多く取れる人には便利なグッズですね。

汚れや水垢も結構取れる半練ワックスの特徴

固型ワックスに研磨剤を混ぜたようなものが、半練ワックスです。

多くの製品がありますが、ほとんど「淡色用」と「メタリック・濃色用」に分かれています。濃色車に淡色用を使うと、表面が曇ってしまうこともあるので、気を付ける必要があります。

かなり強力なクリーニング効果がありますから、水垢落としや汚れ落としと同時に、ワックスがけができてしまう、かなり便利なグッズです。

でも、こればかり使い続けると、車の角の部分など、塗膜の薄いところの下地が出てしまうこともあるので、注意が必要です。 作業性は固型と液体の中間で、耐久性も同じように中間です。

使い方としては、固型ワックスと併用して使うことをお勧めします。

深い艶を生み出す固型ワックスの特徴

固型ワックスは塗装保護と艶出しのみを目的に作られていますから、液体や半練のように研磨剤やクリーニング剤は含んでいません。 その代りカルナバ蝋の含有量が高く、仕上がると独特の深い艶を生み出します。

作業性は液体や半練に比べると、難易度は高くなります。 濃紺や黒など、濃色の中でも特に濃い色合いの車の場合はムラができやすく、下地処理などが必要になるケースもあります。

耐久性は3タイプの中では一番です。一回の作業時間はかかりますが、耐久性が高いので、作業回数は減ります。 仕上がりのクオリティーを求める人向けのグッズといえます。

他にも拭くだけのタイプや、スプレーをして拭くだけなどの物もありますが、保護・艶出しはおおむねシリコンが多いようです。

傷にならないのか、ちょっと気になりますね。

 

カーワックスは塗装保護と美観維持には欠かせません。しかし、作業をする時間や頻度も考えなくては、やる気が起こらなくなることも確かです。

どのタイプをどう使えば作業時間や頻度がどうなるのか、ということを理解しておけば、自分のペースでワックスがけができます。

できれば、3タイプすべてをそろえると、時間のないときには液体、汚れが目立ってきたら半練、時間があって仕上がりを求めるときには固型などのように、シチュエーションで使い分けるといいかもしれないですね。

カーワックスを上手に使い分けて、いつもきれいな愛車で、質の高いカーライフを楽しんでください。

ライター: 編集部

新着の記事一覧

  • 家族でも一人で楽しめるおトクな車はこれだ!

    つづきを読む
  • タウンユースからアウトドアまで使えるSUVはこれだ!

    つづきを読む
  • 絶版車に乗ってみる ~スバルインプレッサWRX STI Ver.Ⅵ~

    つづきを読む
  • 車は生活必需品!コスパを考慮して選ぶなら?

    つづきを読む
  • 免許取りたてのビギナー向け車選び ~普通のドライバー~

    つづきを読む