-楽しいカーライフを実現させる車系WEBマガジン

免許取りたてのビギナー向け車選び ~車好きな人向け~

免許取りたてて、車好きさんのボヤキです。

「待望の免許が取れたので、欲しかったスポーツタイプの車を買おうと思っているけれど、なんだか情報が多すぎて、どれがいいのか迷ってしまう。

もともとはマニュアルシフトで運転感覚の鋭い車が欲しかったけれど、マニュアルだと手放す時に安くなるとか、エコカーじゃなければ白い目で見られるとか、燃費がどうとか、本当にいろんなことを言われるから、どんな車を買えばいいのかわからなくなってしまった。

運転感覚の鋭い車で、スポーツドライビングの基本を覚えて、将来的には何かスポーツカーに乗ることが夢だったのに、ほんとうに悩む」

こんな悩みを持つ人って、意外に多くいます。

どんな車を買ったらいいのか、一緒に考えましょう。

まず何のために車に乗るのかを再確認する

車に対する思いをもう一度再確認して、さらに何の目的で車に乗るのかということを再確認することから始めます。

スポーツタイプのマニュアルシフト車で、運転感覚(ドライバビリティー)の鋭い車が欲しいということですが、なぜそう言う車が欲しいのかを掘り下げて考えます。

このケースだと「スポーツドライビングを覚えてスポーツカーに将来は乗りたい」という、はっきりした希望があります。

その思いを最優先するのだったら、他の情報には耳を貸さないことが重要ですね。初志貫徹あるのみです。

自分にとっていらない情報は、雑念を招くだけですから、あっさりと捨てましょう。

手放す時に価値が下がっても、それは自分の楽しみの代償だと割り切ることが必要ですね。

目的に沿ったプランを立てる

目的がはっきりしているので、それに沿ってプランを立てましょう。

まずスポーツドライビングを覚えたい、ということが初めに来ますね。そのために必要な条件としては、「ヒール&トウ」、「スローイン・ファーストアウト」、「アウト・イン・アウト」を覚えることから始めます。

ということは、マニュアルシフトの車であることが大前提ですね。極端に言ってしまえば、マニュアルシフトの車だったら何でもいい、ということもできます。

ただし、運転感覚と同時に車両感覚も養うわけですから、ワンボックスやミニバンは却下です。

そして、ペダルレイアウトがヒール&トウに適していることも、重要な要素になります。他の要素は、この段階では追求しない方がいいですね。

やれステアリングの応答性がどうのとか、ブレーキのタッチがああだとか、スロットルレスポンスがこうだとか、初めからそんなことを感じながらスポーツドライビングをできる人は、すでにプロドライバー候補なのかもしれないですね。

こうして考えていくと、次に選ぶ車からははっきり自分の方向性が決まってきます。

例えばライトウエイトスポーツがいいとか、フェアレディーZのように重量級でパワーのある車がいいとか、スバル・WRX/STIがいいなどという感覚が出てきます。

それが決まれば、目標に向かって一直線になれます。

じゃあ練習用にはどんな車がいいの?

マニュアルシフトだったら何でもいいわけですが、中でも運転感覚をつかみやすい、そして壊しても惜しくないような車がいいですね。

それとカウンターステアやアクセルコントロールで車を曲げる、などのことは後でも覚えられるので、FRよりもFFノーマルの車がおすすめです。

つまり同一車種の中でも、「Sタイプ」などのサスペンションやタイヤがグリップ指向のものは避けることです。

目的は下手な運転をすると、全部表に出てしまう車がいいということです。

タイヤの扁平率も50%以下のものはだめです。サイドウオールが硬くなるので、ステアリング操作を多少ミスしても、タイヤが吸収してしまうので、できれば60%ぐらいの扁平率のものがベターですね。

それと、エンジンも過給機付は避けましょう。

具体的な車種はなにがいいの?

では具体的に車種名をあげていきます。

初めにヴィッツの初期型をあげます。女性の買い物車的な要素を持っています。いわゆる、奥さんの買い物車ですね。

次が6代目のEK型シビックです。これも、FF車のベーシックモデルと言ってもいいような車ですが、何もおごりのないノーマルなら実に教材として、適している車だといえます。

そして2代目DY系のデミオになります。この車も教材としてはすごくいい車です。素直なのですが、ノーマルの限界点はさほど高くないので、挙動をつかみやすいですね。

 

どの車もATだったら女性の買い物車、お母さんがお子さんの幼稚園の送り迎えに使いそうな車、免許取りたてての若い女性が買いそうな車ですね。

比較的車重が軽くてエンジンパワーもプアーですから、ブレーキもそれなりです。

ヒール&トウをしながら強いブレーキングをすることが、どれだけ難しいかなどという、基礎の基礎を覚えられますよ。

余談ですがこのブレーキング、覚えられない人は10年乗っていても駄目ですね。

この段階でしっかり身に着けると、いざというときの危機回避能力も格段に向上します。

スポーティカーを目指す人には大変物足りない車たちですが、技術向上のために必要な条件がそろっています。決して馬鹿にできないことがわかります。

こういう車で基礎を身に着けると上級の車に乗ったときに、あっという間にこなせるようになります。

ライター: 編集部

新着の記事一覧

  • 家族でも一人で楽しめるおトクな車はこれだ!

    つづきを読む
  • タウンユースからアウトドアまで使えるSUVはこれだ!

    つづきを読む
  • 絶版車に乗ってみる ~スバルインプレッサWRX STI Ver.Ⅵ~

    つづきを読む
  • 車は生活必需品!コスパを考慮して選ぶなら?

    つづきを読む
  • 免許取りたてのビギナー向け車選び ~普通のドライバー~

    つづきを読む